シマの強みは人間力 採用情報はこちらから

2013年5月10日(金)

守破離、その国のために。


皆さん寒暖差の激しい中、いかがお過ごしでしょうか? どうか、風邪など引かぬようお気をくけください。私は、お客様、社員の皆の御蔭でゴールデンウィークをしっかりお休みを頂きまして、開けてから珍しく4日連続で本社で楽しくお仕事さて頂いております。ありがとうございます。


評価面談、夕方勉強会、14新卒最終面接、公認会計士さんとの打ち合わせ、新チーム打ち合わせ(これが熱い!楽しみにしてください!)… 等々、みなさん一緒だと思いますが、休み明けはすごい量です。


さて、明日がいよいよアフリカへの出発の時です。うちの担当の社員は楽しみで夜も眠れないようです。部長はプレッシャーで夜も眠れないようです。ww 他の社員は、アフリカに副社長に行かされて大変だね〜。と、言っているようですが、笑、こら〜 ww ところが、本人はこれを大きなチャンスと捉えてエキサイティングしております。送り出す身としては嬉しい限りですし、環境変化が激しく、長期的に見ると厳しくしかならない環境下の日本経済で、この2年間のアベプチバブルの間に 3〜5年後のビジネスの目を出しておく事は、生き残る意味でも必達だと感じております。この2年です。


本日、臨時の全体朝礼を開き豪華で力強い「出発式」を開きました。
 

部長と担当は声高らかに、「〜年〜月までに 〜台輸出をやり切ります!」と、やり切ります宣言を全社員の前でしておりました。気持ちも高ぶり、本気でかっこ良かったです。言霊でした。でも、褒めるのは達成する時までにとっておきます。わら。


私は、彼らの門出に守破離について話させていただきました。


「守」とは、師に教えられたことを正しく守りつつ修行し、それをしっかりと 身につけることをいう。


「破」とは、師に教えられしっかり身につけたことを自らの特性に合うように修行し、
自らの境地を見つけることをいう。


「離」とは、それらの段階を通過し、何物にもとらわれない境地をいう。


それぞれの人にそれぞれのステージがあり、守破離の段階があります。必ずくる斜陽の時代に備えて、環境変化に対応するためには「離」を失敗しながら積み重ねる事が大事だと言っております。


この二人とこの部門には「離」のステージが来たんですね。どうかお見守りください、みなさんによりよいサービスを提供できるように頑張ります。


そして、我々の海外への挑戦の真意は 
「その国のために。」と「利潤の追求です。」


我々存在するにあたり、その国が豊にならないと意味がありません。我々が乗用車、トラック、建機を提供する事によって、インフラが整い、町に光が灯り、資源開発が出来、GDP、GNPが上がり、国民の所得が上がり、おいしい物を家族で分け合える。利潤の追求に追われすぎて「その国のために。」を忘れては行けません。しかしながら、もう一方で重要なのも 利潤の追求です。利潤があり経済活動が回ります。


この二つを象徴するのが 「小銭入れ」です。ので、二人には成功を祈り小銭入れをプレゼントしました。

|

カテゴリー:日記

|

コメント(0)

|

コメントする

プロフィール

株式会社シマ商会の島一樹です。

‘Fukushimaを環境の象徴へ’

経歴:福島→東京→シンガポール→Fukushima
趣味:国内旅行と食べること、海外旅行も。 日本(国)が好き。
広島東洋カープと前田智徳を三度の飯より好きになれるか挑戦中。
好きな有名人:Yuki (最近 やっっっっっと 気づく)
変更 →木村 沙織
不得意:さかあがり

カレンダー

2017年5月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー