シマの強みは人間力 採用情報はこちらから

2013年11月28日(木)

「会うことが最高のコミュニケーション。」

10日 連続で外出中の島です。こう出来るのも、営業、支援、スター(現場)みんなが会社を守ってくれているからです。感謝、感謝です。


今回は、秋田での講演を皮切りに、北海道支店、内定者の親御さん訪問、バイヤーさん商談・接待、御歳暮同行 等々です。


最高のコミュニケーションとは何でしょう???


学生の時代は好きな友達、彼女と会うことは当たり前で、自分で近づきたくないなと思った場合は避けるという方もいるのではないでしょうか? ところが社会人人生に突入してくるとどんなに肌感覚が合わない人でもコミュニケーションは必要になってきます。 合う、合わないというのはDNAが違う以上あるでしょう。全ての人間を愛せ! といっても、なかなか難しいのではないでしょうか? ジョンレノンもクリアー出来なかった壁ですもんね。


電話、ポケベル、携帯電話、Email、SNS、過去20年で分進秒歩でコミュニケーションツールが革新してきました。 仕事上もどうしても、効率を優先するばかりに革新的なコミュニケーションツールに頼りがちになってしまします。


私は社員には、「最高のコミュニケーションとは会うことだ。」と伝えています。電話では怖かったんですが会ってみると優しい方はたくさんいます。 革新的なツールでは伝わらなかった微妙なバランスも「会う」と、伝わります。 


海外販売事業部は華僑のボスを相手にして商談するケースが多々あります。低音の響くような声を持ってらっしゃる方が多いですね。ぶるぶる〜〜 この業界に新卒の女性営業は珍しいのですが、私どもは躊躇無く働いてもらっています。この女性の社員が言っていたことですが、「電話で話しても怖い印象しかなかく、踏み込んだ営業を出来なかったけど、会ったらすごく良い人で商談がぐんぐん進みます。」今では、売上 1,200万円/月までに実力をつけました。


「ネットで商品は売れても、面前でしか信用・信頼は売れない。」こちらも、私が社員に良く伝えていることです。ついつい、リアルからネットに行くと戻ってこない。


ですからアナログな出会いにこだわり、私自身も「個」のお客様、親御様に会いにいくことを手を抜きません。内定者の親御さんにお会いすると必ず最後に言って頂けるのは、「最初は副社長が来るなんて何かと思ったけど、会えて安心しました。」御歳暮同行のお客様は、営業マンには伝えない事も会社のトップには伝える場合があります。感度が違うからトピックの目線を一段上げようとお客様も理解しているのです。部下からの報告では上がってこない、思わぬ生の情報を聞く事が出来ます!


これは原理原則なんではないでしょうか??


面前並みにコミニケーションをと、効率のため、IT業界の方々は新しい方策を考えるでしょうが 常識を曲げる事が出来ても、原理原則だけは曲げれない気がします。


「朋あり遠方より来る、また楽しからずや。」

|

カテゴリー:日記

|

コメント(0)

|

コメントする

プロフィール

株式会社シマ商会の島一樹です。

‘Fukushimaを環境の象徴へ’

経歴:福島→東京→シンガポール→Fukushima
趣味:国内旅行と食べること、海外旅行も。 日本(国)が好き。
広島東洋カープと前田智徳を三度の飯より好きになれるか挑戦中。
好きな有名人:Yuki (最近 やっっっっっと 気づく)
変更 →木村 沙織
不得意:さかあがり

カレンダー

2017年11月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー