シマの強みは人間力 採用情報はこちらから

2014年1月15日(水)

はたちの元気に褒めるのが難しい。

今日は飛行機の中で雲海を見ながらの更新です。雲と言えば、ハイジですよね。ハイジのチーズパン、、誰か売ってください。


先日は成人式でした。サントリーの広告に伊集院静さんが毎年 20の君へメッセージを送ります。弊社にも、なんと、11人の20才を迎える若武者がおりました! 気付いてみると私の年齢は倍になっております。お父さんでもおかしくない、この年齢。。。 今でも高校球児の背中が大人に見える時があるなか(笑)、中年親父の私は、伊集院さんの詩を朝礼で送りました。


2013年の伊集院静香さんのメッセージです。


「二十歳の元気
新成人おめでとう。
二十歳の君は今どこで何をしているのだろうか。
どんな夢を見て、どんな音楽を聴き、どんな明日を描いているだろうか。
私たちは大勢の新成人を迎えたことを喜んでいる。
今、日本は、不景気だとか、希望がないと言って、うつむく大人であふれている。このままじゃダメなんだ。
君たちがうつむき加減のこの国を変えて欲しいんだ。
二十歳じゃできないって?
そんなことはない。君にしかないものがある。
それは二十歳の元気だ。
フレッシュで、まぶしい活気だ。
もう大人の仲間入りをしたのだから、日本のセンターラインを堂々と、元気よく歩いて欲しい。
失敗してもかまわない。笑われてもかまうことはない。
苦しいことも、辛いことも吹き飛ばす元気で、私たちの先頭走って欲しい。
そうすればきっと何かが変わるはずだ。」


元気な君たちを待っていたんだ。
二十歳の君に乾杯。


彼らのために、彼らの可能性を伸ばすために自分が何が出来るかを考えさせられますね。


本田宗一郎さん言葉で
「若さとは困難に立ち向かう勇気、枠に囚われずに新しい価値を生む知恵である。」


二十歳の元気・困難に立ち向かう勇気・今までにない知恵!


彼らにこの3つが実施できる畑作りが私の仕事の一つです。実務の環境づくりもそうですが、


継続的成長を促すためには、「ありがとう」と「褒める」ことにこつがあると思います。
人間には野心が高い人、低い人それぞれいます。野心が高い人には褒めまくっても問題はありません、いくら褒めても次々と次を目指します。しかし、今の時代 自分で燃えることの出来る自燃型の若者が少ないのが現状です。


野心の低い若者の芽を簡単に摘んでしまうのは、低いレベルで褒めて、それでよしとしてしまうことです。ノミは一階の天井まで届くジャンプ能力がありますが、一旦コップを逆さにして、その中にいれしばらくそこにいると、コップの高さまでしかジャンプできなくなります。自分で天井を決めてしまうのです。褒められることによって、野心の低い若者は簡単に「これでいいのだ。」と、自分の能力にキャップをしてしまいます。


褒めることは良いことですが、ノミのコップの底を作ってしまってはもともこもありません。その時、私は、褒めたい気持ちを抑えて、次の成長を願い「ありがとう」とだけ言います。


二十歳の元気・困難に立ち向かう勇気・今までにない知恵! この3つをコップをかぶせず畑を作り、エネルギーを貰いながら、ともに楽しく仕事をしていきます。


はたちのみんな、20年後は俺を養ってください!(笑)

|

カテゴリー:日記

|

コメント(0)

|

コメントする

プロフィール

株式会社シマ商会の島一樹です。

‘Fukushimaを環境の象徴へ’

経歴:福島→東京→シンガポール→Fukushima
趣味:国内旅行と食べること、海外旅行も。 日本(国)が好き。
広島東洋カープと前田智徳を三度の飯より好きになれるか挑戦中。
好きな有名人:Yuki (最近 やっっっっっと 気づく)
変更 →木村 沙織
不得意:さかあがり

カレンダー

2017年9月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー