シマの強みは人間力 採用情報はこちらから

2014年2月12日(水)

20代の仕事。


いつも有難うございます。株式会社 シマ商会 社長 島 一樹です。


日本橋で 大学時代の友人の結婚式がありました。東京 2月8日 20年ぶりの豪雪(笑)。久しぶりに会うな〜という、緊張感にも似たような感覚は会って3分でなくなり、完全に頭の中がオフになれる。親にもない、妻にもない、子供にもない、会社の仲間にもないこの感覚は、一つの宝物ですね。


20代の若者にはこう伝えてます。


自分の理想にはいきなりジャンプしてもとどかない、愚直に同じことを繰り返しなさい。


簡単な仕事を本気で取り組むこと。簡単なのでついつい手を抜いてしまいます。ここを入社1~3年目で堅めておかないと、物事の本質をつかむことが出来ません。


勉強と実践をサンドイッチ方式で交互にこなすこと。お勉強だけでは 社会人、営業生活の中では0です。それを1、2、3と積み上げていくには実践以外ありません。実践だけでは1→2→1→2 だけの繰り返しだけで、成長が見込めず踏みとどまってしまいます。サンドイッチが重要なんですね。


場数をこなすこと。何回も何回も繰り返して、理解からわかるのステージに行けます。量質転換で頭と身体に叩き込むのです。同じこととばかにしてはいけません。


今の実践が30代の時に教育者としての能力になる。同じとこでつまづく20代の後輩に実践的アドバイスをするのも、わざとこけてもらうのも 20代の’今の実践’があるからでこそ。


自分の先生(メンター)を持つということ。自分が天才だと勘違いしている若者が時に見られます。あぶないな〜 独学か〜と、ついつい口を出したくなりますが、気付くまで我慢する方もいらっしゃると思います。とにかく、自分に近い存在で先生を持つことで、自分がいかに出来ないかを気付かせてもらう。そのことで、次への伸び白が出来る。


20代にはいつもこんなことをぼやいております。

|

カテゴリー:日記

|

コメント(0)

|

コメントする

プロフィール

株式会社シマ商会の島一樹です。

‘Fukushimaを環境の象徴へ’

経歴:福島→東京→シンガポール→Fukushima
趣味:国内旅行と食べること、海外旅行も。 日本(国)が好き。
広島東洋カープと前田智徳を三度の飯より好きになれるか挑戦中。
好きな有名人:Yuki (最近 やっっっっっと 気づく)
変更 →木村 沙織
不得意:さかあがり

カレンダー

2017年4月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー