シマの強みは人間力 採用情報はこちらから

2014年7月17日(木)

そこの部長さん、戦う相手は社長さん。

大企業になる社長が必ず通る道がある。地方の中小企業が大きくなる過程において必ず通る道がある。地方の企業が枝を広げようとするとき必ず、今迄の専門分野で以外への挑戦が始まる。まあ、外食ですと ラーメン屋さんが、うどん屋さんをやってみたり、ハンバーガー屋さんをやってみたり、建設業が不動産をやったり、保険をやってみたりと、様々な挑戦が。弊社でも 自動車のゆりかごから墓場まで、お客様に自動車のステップにおいて最良の選択を提案する。と、同じ自動車産業でしょと言っても、新車リース、国内再販、輸出、リサイクルなどなど、原理原則は一緒でも、戦略と戦術は全く違うのですべてにおいて勉強が必要です。そこで、ランチェスターの原則で一つのビジネスモデルに絞り横展開をはかるのがいいという事でもあるが、柱が一本しかないリスクもあり、神様に頂いた自由意志の元、後は社長の意思決定。ここで通常では社長は人財の中から更に優秀と思われる人財を選び 部長をそれぞれのトップに任命して、チェックを中心に運営するのだが問題はここ。 「会社で任命された部長のライバルは中小企業の社長」という事実、社長は経済的損失への覚悟が出来ている人、一方部長はそこ迄はない。社長がどっぷり加わるなら、分野を絞る決定か仕事を伴侶に選び日々ワークホーリックの領域に入らなければならない。昨日、建設機械・トラックリースの社長様と会食をした。餅は餅屋という事で、彼のリース業界’森を見て木を見る能力’は、私は何を勉強しているんだ、足りなすぎる。また、何を新しい分野の挑戦に部長、主任に勉強してもらっているんだ?と、反省一色。覚悟がある人は、勉強の量が違う。ポイントは社長の人脈とパクる能力、そして人財育成、組織の実施能力ですかね。


何を選んでも、郵便ポストが赤いのも、電信柱が高いのもすべて社長の責任です。

|

カテゴリー:日記

|

コメント(3)

|

コメント

  • 凄いですね。読み応え有りました。

  • 中村こういち|14/7/17 4:21 PM
  • 凄いよ見応えありました

  • 中村こういち|14/7/17 5:02 PM
  • 中村社長

    コメント有難うございます。トライアスロン ちょっと怖くなってきましたが、頑張ります。

  • shimakazuki|14/8/8 4:33 PM

コメントする

プロフィール

株式会社シマ商会の島一樹です。

‘Fukushimaを環境の象徴へ’

経歴:福島→東京→シンガポール→Fukushima
趣味:国内旅行と食べること、海外旅行も。 日本(国)が好き。
広島東洋カープと前田智徳を三度の飯より好きになれるか挑戦中。
好きな有名人:Yuki (最近 やっっっっっと 気づく)
変更 →木村 沙織
不得意:さかあがり

カレンダー

2017年11月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー