シマの強みは人間力 採用情報はこちらから

2012年3月9日(金)

気きききききききききっ気づき。


いつも、ありがとうございます。シマ商会の島です。現在、東京に向かう新幹線の中でブログを更新しております。今日の気づきは アームレストに肘を置いてタイピングするとタイプスピードが一秒早くなる気がするということです。小さい気づきっ!( ;  ; )


「気づき」


当社では従業員の知的能力、運動能力を第一に考えていません。最重要項目を「気づき」においております。生まれた時の才能・能力に凹凸はあるかもしれませんが、人間は環境によって大きく変われます。特に有名な「オオカミに育てられた人間、アマラとカマラ」の話は、人間が能力・才能の動物では無く環境の動物だという事を示していますね。


「アマラとカマラはともにオオカミのような振る舞いを示した。ひざや腰の関節はかたく、立ち上がったり歩いたりすることはできず、四つ足で移動した。食事は生肉と牛乳を好み、食べるときは手を使わず地面に置かれた皿に顔を近づけてなめるようにして口に入れた。 聴覚、嗅覚は鋭く、70m離れたところで捨てられた鳥の内臓を察知し、その方向に四つ足で走っていった。目は暗闇でぎらぎらと光り、暗くても目が利くが、そのかわり日中は物がよく見えていないようだった。また、暑さや寒さにもほとんど反応しなかった。真夜中に遠吠えのような声をたてる以外は音声を発しなかった。………」


「気づき」は環境と訓練次第で人間の感性を養うことができます。才能は個人差が出るので中々難しいですが、街中を歩いていて「なぜマクドナルドの看板は赤・黄色・青何だろう?」「この新幹線の車輌には電源がついている。」どんな小さいことでもいいんです。幹部には自分ですべてをやっている上司は駄目上司だと言っております。部下の気づきの芽を摘んでしまい、成長のチャンスを奪っているからです。


弊社には「新しい事に出会う。」仕組みがあります。社内・社外ベンチマーキングです。その度に20個〜100個の気づきを書くようにしています。そして、それをお互いに読ませる。自分では気づかなかった物、が違う人が気づいているとまた気づきが増えます。


100個?! と、驚かれる方もいるかもしれません。勉強は反復です。100個の気づきを書いているつもりでも知らないうちに同じことを書いている場合もあります。それでもいいのです、繰り返し量をこなすことによっていずれにせよ、感性が磨かれていますから。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ


やる気のある社員は気づきを得て「ああ、このままではいけない」と奮起します。あの会社さんがそこまでやっているなら、自分たちも! 同期のNには絶対負けたくないのに、あんなレベルまで行っているのか?! と、心に火が灯ります。この人間心理が「頑張るぞっ!」に繋がります。会社に言われたから…上司に言われたから… やるか…とは別世界です。


師匠には「気付きを50個書けという強制が、気付く感性を養う。」と、教えられております。


この環境と訓練する場所の提供をするのが、私の仕事の一つです。


ありがとうございます。感謝します。

|

カテゴリー:日記

|

コメント(2)

|

コメント

  • 私もがんばろう!

  • 野武士浪|12/3/11 7:58 AM
  • ありがとうございます。私も、頑張ります!

  • shimakazuki|12/3/11 8:47 AM

コメントする

プロフィール

株式会社シマ商会の島一樹です。

‘Fukushimaを環境の象徴へ’

経歴:福島→東京→シンガポール→Fukushima
趣味:国内旅行と食べること、海外旅行も。 日本(国)が好き。
広島東洋カープと前田智徳を三度の飯より好きになれるか挑戦中。
好きな有名人:Yuki (最近 やっっっっっと 気づく)
変更 →木村 沙織
不得意:さかあがり

カレンダー

2017年4月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー