シマの強みは人間力 採用情報はこちらから

2012年8月18日(土)

広島 宮島の「牡蠣屋」さん。

広島といえば、「広島 東洋カープ」、「お好み焼き」、そして、忘れてならないのが「牡蠣」ですよね。



牡蠣、旬の季節に程遠い 夏! 行って参りました広島に‼


夏なので!奥さんが好きな 生ガキはもちろんありませんでした。
(>人<;)
夏なので!私は三度の飯より好きな 広島東洋カープをEnjoyすることができ、天皇陛下(妻)は好きな 生ガキをEnjoyできませんでした。
(>人<;)


「冬でしょ!冬〜!!」勿論、○×△が2、3回落ちてきたのは言うまでもありません。
ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3



宮島にすごく活気にあふれる、勉強になるお店屋さんがありました。名前は「牡蠣屋」です。お店の名前の通り、牡蠣だけしか売っておりません。焼き牡蠣、牡蠣のオイル漬け、牡蠣飯、カキフライ、牡蠣おむすび、最高でした!





しかし、有名な観光地。これだけごった返しているお店の中で、どう選ばれるか?ですよね? しかし、選ばれるお店には理由があるんですね。



よく夫婦で旅行にいくと喧嘩をする。と、言います。新婚さんには成田離婚なんていう恐ろしい言葉もあるぐらいです。その土地が分からなくて、決定できなくて、頼りにならなくて、イライラするのだと思います。その原因は「迷い」です。
「迷い」は、些細なことから大きな事まで色々ありますが、大小に関わらず必ず同じレベルのイライラに発展します。


よって、私は「迷わせないお店作り」をすることが観光地のお店屋さんの重要なポイントではないかと思います。


知らない土地にきている観光客のためを思っている「牡蠣屋」は、お客様を迷わせません。お店の名前も牡蠣なら、売っているのは名物 牡蠣ですから。おかげで神様(妻)との口論なくすんなりとお店にはいることができました。名前で他店舗に圧倒的な「差」をつけていました。迷わせない、わかりやすい弱者の戦略といえると思います。


他店舗は、閑散期(地元の方に聞いたら5月中旬〜8月中旬まで)を考えいろいろ売っております。名物の牡蠣から炒飯まで。華の観光地 宮島 売上の95%は観光客からです。閑散期と地元を考えると色々売りたい気持ちはわかりますが、色々あると95%の観光客目線からはぼやけて見えます。やはり、名物の牡蠣が食いたいと思ったら牡蠣しかおいてない「牡蠣屋」はわかり易く、視力 0.1の方にもぼやけて見えません。


繁盛店には理由がありますね。




お店の前には、かき氷を売ってお子さんへのサービスもあり、お店の中はファミリー用のお座敷とカップル用のおしゃれな空間、一流のいい酒を取り揃えております。


観光地のもう一つの通常の悩みは若い働き手がいないことです。他店舗は比較的ご高齢の綺麗な方が多かったですが、「牡蠣屋」はリクルート戦略もしっかりしていました。なんせ、従業員が若い!若さが活力!!普段お仕事で疲れている観光客の皆さんも従業員の元気に吸い込まれるようにお店にどんどん入っていきます。

従業員の方に聞いてみました。


「何故、沢山のバイト先がある中このお店を選んでいるの?」


「観光地なんで、いろんな人に出会えて自分が成長できるから。」「お店の雰囲気もいいので。」
だから、船を乗ってでも本州からくるんですね…


絞り込みが大事なんだと身を持って勉強させてもらいました。美味しい牡蠣とお酒も頂き、お昼から絶好調&絶幸福でした。




うまかった!



|

カテゴリー:日記

|

コメント(2)

|

コメント

  • バカンス良かったですね!
    小職は、牡蠣が食べれません。

  • 野武士浪|12/8/19 2:39 PM
  • 野武士郎さん

    バカンス良かったです。牡蠣は冬が一番ですね。今度、焼き鳥でも行っときたいですね。

  • shimakazuki|12/8/19 3:54 PM

コメントする

プロフィール

株式会社シマ商会の島一樹です。

‘Fukushimaを環境の象徴へ’

経歴:福島→東京→シンガポール→Fukushima
趣味:国内旅行と食べること、海外旅行も。 日本(国)が好き。
広島東洋カープと前田智徳を三度の飯より好きになれるか挑戦中。
好きな有名人:Yuki (最近 やっっっっっと 気づく)
変更 →木村 沙織
不得意:さかあがり

カレンダー

2017年7月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー