シマの強みは人間力 採用情報はこちらから

2013年1月12日(土)

姑教育とキャディー教育。


本日は青森に向かっております。少子高齢化等、原則下りのエスカレーターの経済に乗っている若い世代に元気を!とのご指名を受けまして北上です。私がお伝えできることなど何もないですが、「先輩経営者の方達にお教えいただいたことと私の体験したこと」をお伝えしてこようとおもいます。


上司・先輩になって初めてぶつかる壁は「教え方」です。教え方が分からなくて皆悩みます。


「指導したいこと」が怖くて言い出せません。嫌われるのが嫌だからです。例えば、アルバイトから正社員、部下から上司になった時には一日で状況が以下のように変わります。


昨日まで → 会社の不満を一緒に喫煙室で言いあう。(-.-;)y-~~~


今日から → 会社の社員満足度(ES)UPのため、ガス抜きをさせつつ会社の意図を伝え教える。


立場が変わると一日でこのようなにも状況が変わります。たった一日ですから、言うのが難しいわけです。


そこで私が社内で伝えているのは、姑教育とキャディー教育をしてみては? とアドバイスします。


姑(しゅうとめ)は嫁に対してお構えなしに、口うるさくなんでも言います。これが原因で離婚もあるので行き過ぎはまずいですが… ただし、「それをやれ、これをやめろ、まだなのか?」を、人前で言えないと、仕事の管理ができなくお客様に迷惑がかかってしまいます。能力があるけど自信がない声の小さい 言えない 先輩、上司にとっては これは大きな壁です。


ですから、このステージにある人には姑教育「嫌われる覚悟で言いなさい。」と伝えます。


しかし、次には姑教育によるたくさんの失敗がつきまとってきます。ストレス解消を上手くさせないと、部下がストレスフルになってしまいます。ここが、人間関係の難しさだったり、褒めることの難しさだったり。実際に嫌われていますと、中小企業の最も高い離職理由の 人間関係が悪いから、を増長させてしまいます。


なので、次の段階が必要であり それがキャディー教育です。


ゴルフにはキャディーさんがいます。コースの特徴を教えてくれたり、その日のプレイヤーの体調に合わせてアドバイスをしたりします。


キャディーは一言アドバイスし、いいショットを褒め、プレイヤーを後ろで見ているだけです。プレーヤー心理を理解して、いい場所に打てるように環境を整えてあげ、後ろで暖かくも厳しくも見守ります。スターはあくまでも部下、後輩、 上司はあくまでキャディー 脇役です。ここが上司としての最終ゴールだと私は思います。


では、いきなりキャディー教育を目指せば? と思いがちですが、上司としての失敗の数が圧倒的に少ないので無理があると思います。姑教育をする中での失敗が付き纏わないとキャディー教育が生きてきません。体験の裏ずけのない言葉には迫力がなってしまうからです。


社員の仲間たちがどの立場にあるかをしっかりと理解できるようコミュニケーションし、それぞれの立場にあった指導をし、姑教育ができないのか? キャディー教育の段階に入ったのかを見極め、たくさんのスターが生まれますようにと、祈ってます。


|

カテゴリー:日記

|

コメント(0)

|

コメントする

プロフィール

株式会社シマ商会の島一樹です。

‘Fukushimaを環境の象徴へ’

経歴:福島→東京→シンガポール→Fukushima
趣味:国内旅行と食べること、海外旅行も。 日本(国)が好き。
広島東洋カープと前田智徳を三度の飯より好きになれるか挑戦中。
好きな有名人:Yuki (最近 やっっっっっと 気づく)
変更 →木村 沙織
不得意:さかあがり

カレンダー

2017年6月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー