シマの強みは人間力 採用情報はこちらから

2013年2月24日(日)

鞄持ち終了。


5日間の鞄持ちが終了しました。


師匠の体力といったら大鵬、力道山よりありました。30歳年下の私、完全に完敗です。数えきれない気付きがありましたが、ほんの一部を書き込みます。


ストレスを作らないことがエネルギーを生む第一歩だと教えていただきました。社員が辞めると落ち込んだり、事業で失敗したり、色々あるのが当たり前のこの世の中、ストレスが0という人は少ないと思います。こつは「人に良いと思われたいと思わない。」ことだそうです。アドレナリンに睡眠に邪魔されることなく、そして快眠から、トップの実力「体力」に繋がるんですね。


環境整備が大切ですね。環境整備と聞くと連想するのが、5Sだったり、掃除のに近いことだったりしますが、環境整備は 「もの」「情報」「考え方」すべてに応用できるのですね。形をそろえるのも環境整備ですし、対話しているその人を通して次がうまく行くように話すのも環境整備ですし、価値観をそろえるのも環境整備です。環境整備を次の段階に持っていかなければならないなと改めて気づかされました。


体験を増やさなければならないなと思いました。人によって違いますが、師匠の考えるという定義は「過去に起きた経験・体験から検索してくること」だ、そうです。パリに行ったときないやつが、パリを考えてもわからない。師匠の検索スピードは半端のない検索スピードです。答えがすぐに返ってきます。体験が暗黙知のデータベースを生むんだということですね。


(奥が深い)


物事がわかった人が言う言葉であって、わかっていない人がわからない時にいう言葉ではありません。


小学校、中学校、高校、大学 までは記憶装置の問題です。知識の勉強であり、社会に出てからの体験による勉強とは雲泥の差があります。体で実行をすることで理解する。に繋がり、30回繰り返してわかるに繋がり、100回繰り返しておくが深いに繋がり、1000回仮説と検証を繰り返して、神の領域に到達します。私は今回の鞄持ちで入り口が見えた程度です。


ほんの少しでしたが、シェアさせて頂きます。


|

カテゴリー:日記

|

コメント(0)

|

コメントする

プロフィール

株式会社シマ商会の島一樹です。

‘Fukushimaを環境の象徴へ’

経歴:福島→東京→シンガポール→Fukushima
趣味:国内旅行と食べること、海外旅行も。 日本(国)が好き。
広島東洋カープと前田智徳を三度の飯より好きになれるか挑戦中。
好きな有名人:Yuki (最近 やっっっっっと 気づく)
変更 →木村 沙織
不得意:さかあがり

カレンダー

2018年1月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー